お肌ケアは自分の肌を確認してその状態により変えなければなりません。ずっと同じやり方で、「おなじもきっと大丈夫」・・・